働く仲間 新卒者座談会

アットホームで安心して働ける会社、それが花田。充実の新人研修ではたくさん学べて、しかも楽しい!

--簡単な自己紹介と現在の業務内容についてお願いします。また、花田工務店を知ったきっかけや第一印象などを聞かせてください。

働く仲間 新卒者座談会

  • 角田:名古屋本部建築チームの角田篤思です。現在の業務内容は、現場の工程・品質・安全の管理をしております。
    花田工務店を知ったきっかけは、大学内のセミナーでお話を聞き、そこからホームページで新卒採用があると知り、受けました。その時の第一印象は、非常に明るく、楽しく仕事ができる職場だと感じました。
  • 角谷:名古屋本部建築チームの角谷勇樹です。現在は、これから着工予定の新築マンションの現場準備をしています。
    きっかけは、建築実務セミナーという大学の行事でした。第一印象は、すごく楽しそうな雰囲気だなというのがありました。そのセミナーの時に大学OBの方と採用担当の方が楽しそうな雰囲気で話しているのを見て、電気が走ったというか。ここしかない、花田工務店に行きたいなと思いました。
  •      働く仲間 新卒者座談会

  • 金原:同じく豊橋本部建築チームの金原範和と申します。現在の業務内容は現場管理と図面の作成と段取りを行っています。 第一印象は採用試験での待ち時間の時に和やかな話し声が聞こえてきて、ギスギスした雰囲気じゃなくてアットホームな雰囲気が伝わり、いい雰囲気の会社だなと思いました。
  • 田中:豊橋本部建築チームの田中誉也と申します。現在は県営住宅の工程・品質・安全管理をしています。工程管理は上司と一緒に行っており、品質と安全管理は自分で行っています。 花田工務店を知ったきっかけは、地元が豊橋で同じということもあり社名は高校生のときから知っていました。地元の豊橋が好きだから地元で就職しようと考えたときに、花田工務店しかないなと思い面接を受けました。
  • --花田工務店が他の会社と決定的に違った点はありましたか?また、他の建設会社にいる友達の話を聞いて違った点はありましたか?

    働く仲間 新卒者座談会

  • 角谷:最初、建築業界のイメージは「体育会系でガツガツ、ハングリー精神」みたいなイメージだったんですけど、花田工務店はいい意味でゆったり楽しい雰囲気。厳しいだけはではなく、優しい方たちがたくさんいると感じました。私は今、施工図を書いているのですが、他の友人の話を聞くとまだそんな深いところまで携わっていない、図面をあまり書いていないと聞いたりします。その分スタートダッシュができたという実感があります。
  • 金原:友人から聞いたのは現場でも携わらせてもらえるのは、荷物を別の場所に持って行って欲しいといった雑用のような仕事が多く、まだあまり力になってないかもしれないというのは聞きます。その点私は施工図書くにしても、最初に先輩からこうやった方が良いよっていうのを聞いてから始めます。分からなかったら聞けば教えてくれるし、理解して出来るっていうのは大きいと感じています。

--花田工務店の入社前・入社後の新人研修について詳しく教えてもらえますか?またそれはどのように自分のためになった?

     働く仲間 新卒者座談会

  • 田中:12月に行われたファミリーパーティーという社員と家族を招いての社内行事の実行委員長をし、自分が内定期間にファミリーパーティーに出席しただけの時には想像しなかった苦労や大変さが分かりましたね。委員長として、他の委員にどう動いてもらうと良いのかという考え方をしました。やることは全然違いますけど1つの現場を動かすのと同じで、とてもいい体験ができました。
  • 角田:入社前の内定期間は、社会人として必要な基礎知識がまとめられた教材を頂き、毎月提出物を出していましたね。あとはボールペンの練習テキストも頂き、社会人として人に見てもらう字を意識して書くというのはためになったと思います。今でも日報や契約書等を書くときに、意識をしていますね。春から一社会人として新しい生活を切っていくときに、自分の考えが学生から抜けきっていないのはまずいし入社前から会社とやりとりがあったのも良かったです。
  • 角谷:確かに角田さんの言う通りで、何もやらずに入社していたら…。今以上に未熟な状態で入社していたかもと思いますね。ボールペン字の練習も、以前の私の字は人に読んでもらえるような字じゃなかったので、良くなったっていうのは感じますね。

--先輩、上司の「教え方」についてどう思いますか?

  • 角田:まずは自分で分からないところを、明確にしてからある程度自分で調べます。それでも分からないことは先輩や上司に質問するようにしており、先輩や上司の今までの経験などアドバイスを頂いています。
  • 田中:入社当時は上司から最初は分からないのが当たり前だからと言われました。でも本当に何でも聞いていたらきりがないので、自分で考えて調べてから、次に職人さんに聞いてから上司に聞くようにしています。最近は考えさせる為のヒントしかくれないことが多くて、自分で考えて聞いてっていうのを繰り返しながら成長できているのかなと思います。

--花田工務店は社内行事が多いですが、特に印象的だったものは何ですか?

  • 角谷:行事を通じてお客様と触れ合う機会はとても多いです。また、ファミリーパーティーや家族旅行で同僚の家族と行事を楽しむっていうのも珍しいのかなと感じました。
  •      働く仲間 新卒者座談会

  • 角田:社内行事で1番印象に残っているのは、お客様親睦バーベキューです。
    和気あいあいとお客様をおもてなししようという行事を会社自体が設けているのは非常に印象的でした。いざ自分もイベントに参加してみると楽しいし、入社したてで知らないお客様がいる中、コミュニケーションを取れるというのは非常にいい機会でした。そういった機会を設けてくれる会社っていうのはなかなか無いんじゃないかなと感じます。

--木遣りについて聞かせてください

働く仲間 新卒者座談会

  • 金原:自分がやるとは最初は全く考えていなくて、現場がありながらの練習だったので時間を作るのがなかなか難しかったです。全体の動きを合わせたり、唄を覚えたり思ったよりも大変でしたが、実際やると楽しかったです。本番はお客さんがワーッと歓声や拍手をくれたので、達成感がありました。
  • --同期との関係はどうですか?

    • 田中:自分は何かあったら角田さんに連絡しています。仕事の話やプライベートな話でも何かあったら報告するような同期です。豊橋と名古屋で拠点が離れているので会う機会は少ないんですけど連絡は取っています。お互いどんな仕事をしているか気になりますね。
    • 角田:田中さんと初めて話した時に、既に2級建築士の資格を持っているということを知って「おっ!すごい同期がいるな」とて思ったんですね。建築の話もできて楽しいし、どんどんお互い影響し合っていい方向に進んでいるなと思いますね。

    --最後に、皆さんの今後の目標を教えてください。

        働く仲間 新卒者座談会

    • 角田:資格があれば受け持つことのできる現場が増えていくので、一級建築士と一級施工管理技士の資格を取っていきたいです。先輩や上司の仕事振りをどんどん自分の中に吸収していって、違うステージに上がれるようにしたいです。
    • 角谷:今目の前にあることを取り敢えず全力でやっていきたいなと思います。新築マンションの現場が始まってくるので、それに向けて頑張っていきたいなと思っています。
    • 金原:一級建築士などの資格を取るのは常に目標として持っています。その前に1人で現場をしっかり管理して、職人さんや会社からも信頼されるような、そういう人になりたいと思っています。
    • 田中:建築業界にいるからには一級建築士は取りたいです。それ以外の目標は上司の方をいつか超えるということ。尊敬もしている方なので、分身と言われるようになりたいですね。

働く仲間はどんな人たち?

  • 新卒採用 早川徹也(2015年入社)
  • 新卒採用 近藤武司(2011年入社)
  • 中堅社員 早川英明(1999年入社)
  • 執行役員・名古屋支店長 水野勝利
  • 企画設計部・部長 佐藤有重
  • 新卒者座談会
  • 新卒 エントリーはこちら
  • 中途 エントリーはこちら