ハネットグループ > お知らせ > 財産ドック > お役立ち情報 > どうなる?老朽化した賃貸住宅のオーナーを待つ未来は?〈前編〉

NEWS & TOPICS

お役立ち情報 2021.10.12

どうなる?老朽化した賃貸住宅のオーナーを待つ未来は?〈前編〉

HANET

新築時の賃貸住宅は、最新の設備やその時代のニーズに合わせたものがほとんどですよね。

では、20年30年を経過した賃貸住宅はどうでしょう?改修工事や設備のリニューアルなどを行わなければ、老朽化が進み、間取り・広さ・デザインなど 入居者のニーズとマッチしなくなってきます。また、新しい魅力ある付帯設備の整った近隣の賃貸物件の供給によって、空室の増加や家賃の下落が進んでいくことでしょう。

 

陥りがちな負のループ

「今さらお金をかけて手をいれても、入居がつくかわからないしなぁ…」

「できれば現状のまま入居がつくのが一番。お金をかけたくない…」

「ローンは完済しているし、家賃を安くすれば入居つくかな…」

 

このような思考を続けると、以下の図のようにソフトとハード 両面の悪化が進み、気づいた時には最悪の状態を迎え、事業承継者にとってありがたくない”お荷物”となってしまいます。   

 

 

 

 

 

 

 

 

老朽化した賃貸住宅には、下に挙げたような問題点があります。

■ 修理・修繕費がかさむ

■ 空室が増える

■ 家賃が下がる

■ 家賃滞納が増える

■ 手間ばかりかかって収益が少ないor赤字

■ 税的優遇がない(木造建物の場合22年、設備は15年で償却がおわる)

■大地震で倒壊する恐れがある(旧耐震基準の建物)

 ・入居者に対する 家主としての賠償責任

 ・第三者に対する建物所有者しての賠償責任

 

では老朽化した賃貸住宅のオーナーはどうしたらいいのか?は、次回のお役立ち情報

どうなる?老朽化した賃貸住宅のオーナーを待つ未来は?〈後編〉に続きます。

 

老朽化アパート・マンション・借家の管理やメンテナンス、建て替えなどでお悩みの方は、

花田グループ ホームページお問い合わせフォーム または 0120-65-8700 までお気軽におご連絡ください。

 

お知らせ一覧

わたしたちは百花百色
“みんなの幸せ”を大切にします。

土地活用・相続対策などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら資料請求はこちら

お電話の方はこちら0120-65-8700

電話受付時間 9:00~16:00 土曜 / 日曜祝日を除く